「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観てきました!

こんにちは、アイニチの柳です。

 

先日、天神祭奉納花火がありました。なかなかタイミングが合わず見れなかったのですが、今年はどこかの花火大会に行きたいと思っています。

 

・・・・・・

 

さて先日、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観てきました。
日本では7月13日に公開されたので、テレビでCMを見た方もいるかもしれません。

 

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観てきました!


私は昔から「ジュラシック・パーク」シリーズが好きで、今のところ全作品を観ています。


新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」がどうだったかという前に、「ジュラシック・パーク」って何なの?という方に、少しおさらいをしたいと思います。

 

ジュラシック・パーク」って?

 

ジュラシック・パーク」は、マイケル・クライトン原作の小説です。


シリーズ第1作が、1993年にスティーブン・スピルバーグ監督のもと映画化され、全世界興行収入9億1469万ドルの大ヒットを記録しました。

 

ストーリーをざっくり言うと、イスラ・ヌブラルという島に作られた、オープン前の恐竜テーマパークに招待された博士たちが、パーク研究者の裏切りにより脱走した恐竜たちから逃げるというお話です。

 

恐竜の造形は、当時は幼かった自分でも脳裏に焼きついているほどリアルで、自身がパークにいるような臨場感があったことを覚えています。

 

その後、1997年にシリーズ第2作目「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」、2001年に第3作目「ジュラシック・パーク3」が公開されました。

 

そして、実に14年ぶりの2015年に公開された「ジュラシック・ワールド」は、近年の作品なので、もしかしたら覚えている方もいるかもしれません。

 

この作品は製作が何度も延期になり、もう公開されることはないんじゃないかと思うくらい長い時間を経ましたが、その内容は新たな恐竜が出てくるなど、待った甲斐のある充実したものでした。

 

今回、公開された「ジュラシック・ワールド/炎の王国」は、「ジュラシック・ワールド」の続編に当たるシリーズ5作目です。

 

どんな恐竜が出てくるの?

 

今度は、「ジュラシック・パーク」シリーズに出てくる恐竜の一部をご紹介します。実際の写真は使えないのでイラストで説明します。

 

ティラノサウルス(T-レックス) 

 

ティラノサウルス(T-レックス)

 

全シリーズに登場するのはやっぱりこの恐竜、ティラノサウルス

全長12m、体重4〜7t、肉食恐竜で、作中でも多くの人間が被害に遭います。実際には白亜紀後期の7000万~6600万年前に生息されたといわれています。

 

ヴェロキラプトル

 

ヴェラキラプトル

 

シリーズには欠かせない存在のラプトル。「ジュラシック・ワールド」ではブルーが味方となりましたが、初期作品からはとても考えられません。

全長1.5m〜2m、体重約16kg(共に作中は不明)、小型の肉食恐竜で動きも俊敏です。実際には白亜紀後期の7000万~6500万に生息したという説があります。

 

トリケラトプス

 

トリケラトプス

 

草食恐竜のなかでも知名度が高いトリケラトプス。最新作でも勇敢な姿を見せていました。

全長約9m、体重7t、3本の大きなツノと張り出した頭部が特徴です。生きた時代は白亜期後期の7000万~6600万年前。

 

ジュラシック・ワールド/炎の王国」はどうだった?

 

あらすじ:前作「ジュラシック・ワールド」の舞台となったイスラ・ヌブラル島に、再び向かうことになったオーウェンとクレア。恐竜を救うことはできるのか。

 

観た感想を一言で言うと、とても良かったです!あまり書いてしまうとネタバレになるので、ざっくりと感想だけ。

 

まず映像でいうと、大量の溶岩が流れこんでくるシーンがあるのですが、とてもリアルに作られていました。火山の噴火が本物の活火山のようで、人間と恐竜の慌てふためく姿からひしひしと危機感が伝わってきました。

 

またストーリーは、シリーズを通してテーマとなっている「遺伝子操作」が今作も活きてきます。今回は恐竜以外にも触れ、それがエンディングまで繋がってきます。身近なテーマなだけに考えさせられることが多くありました。

 

それ以外にも見所はたくさんありましたが、ここは百聞は一見にしかず。詳しくは映画館でぜひ観てみてください。

 

・・・・・・

 

先日、父と話をする機会があったのですが、私と同じく公開後すぐに今作を観たそうです。恐竜ファンは親譲りかもしれません。

 

また、福井県には福井県立恐竜博物館という施設があるそうなので、是非行ってみたいと思います。

 

www.dinosaur.pref.fukui.jp