カレー修行~ネパールの至宝編~

お世話になっております。

アイニチ・大阪本社スタッフの大西です。

 

現在、諸事情により自分の理想のカレーを追い求め、日々研究と修行に明け暮れております。

今週は本町方面に出稽古に向かいました。

 

今回はネパールカレー。

といってもカレー自体に大きな違いは無く、提供方式が異なります。

インドカレーと聞くと、やはり「ナン」をご想像される方が多いとは思います。

しかしネパールで多く提供されているのは「ダルバード」です。

「ダル=豆」「バード=米」の合成語であり、それにカレー味の野菜などのおかず(タルカリ)、漬物(アツァール)の2つを加えた4つがセットになった食事、つまり定食の様な意味合いです。

 

f:id:ainichi:20190304095644j:plain

今回のメニューは

・バスマティライス

・ダル(豆のかけ汁)

・ククラ・コ・マス(チキンカレー)

・アルコ・アツァール(じゃがいものスパイス和え)

・アツァール(大根のスパイス和え)

・サグ(青菜の炒め物)

・ピロ・チャトニ(辛味ソース)

 

上記のタルカリやアツァールをダルーと一口づつ混ぜながら食べます。

 

スパイスもふんだんに使用され、辛味・酸味のバランスが絶妙に調整されていました。

まだまだ研究は続きます…