茅の輪くぐり

大阪本社 小林です。

 

 

 

先日、近くの神社に寄ってきました。

七夕の時期でもあり普段見慣れないものが置かれていました。

 

f:id:ainichi:20180709075849j:plain

???

調べると、茅の輪というものらしく

今回のタイトルにつながります。

 

「茅(ちがや)を束ねて大きな輪としたもの。正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの大祓(おおはらえ)に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています」

sk-imedia.com

こちらのサイトに詳しく紹介されていました。

 

 

 

f:id:ainichi:20180709080304j:plain

茅の輪の横に説明文もついていました。

 

 

f:id:ainichi:20180709080413j:plain

茅の輪のくぐり方

 

 

f:id:ainichi:20180709080542j:plain

この古歌を唱えてくぐります。

 

神社の人から伺った話や調べてみて、超要約すると

6月、7月のこの時期に半年の厄を払い、残りの半年を新たな気持ちで迎える

といった意味合いになるようです。

 

由来に関しては諸説ありますし、作法は地域差、場所によって違いがあります。

お伺いする地域で茅の輪に関して尋ねてみたくなりました。

 

 

f:id:ainichi:20180709081130j:plain

茅の輪くぐりと共に、笹の葉と短冊も置かれていました。

 

 

f:id:ainichi:20180709081436j:plain

早いもので2018年も半年が過ぎました。

気持ち新たに活動していきます!!