サイトーさん〜その壱〜

音楽とギター、大相撲に野球をこよなく愛するアイニチ株式会社大阪本社奥野です。

 

秋の夜長、皆さまどのようにお過ごしでしょうか?私は、読書、ギターを弾いたり、音楽を聴いたりしながら過ごしています。

  

さて、またまた?ギターのお話です。

「一生弾き、愛し続けることのできるギター」を十数年前から探しており、時間があれば楽器屋さんに通い続けていました。ウインドショッピングから始まり、気になったものはじっくり見て調べ、試奏する。でもしっくり来なかったり、予算と合わなかったりの連続でした。

 

先日、とうとう出会いました!こちら!!

f:id:ainichi:20171023002149p:image

埼玉県川口市に工房を構える齋藤楽器工房さん(http://www.saitogakkikoubou.com)のSAITO GIUTARS S-622 HH Ash (Papilio Ulysses)です!

こちらのメーカー、2年程前から気になっていたものの、このシリーズの取り扱い店舗が少なく(大阪府下に3店舗、全国でも21店舗)、人気があるようで、現物を見る機会がほとんどない状況でした。奇跡的に1本見つけました!しかも!!齋藤楽器工房さんのホームページのカラーチャートにも記載がないショップオーダーのカスタムカラー!!!!!モチーフはオーストラリアに生息する「オオルリアゲハ」(カラーの名称にもなっている学名"Papilio Ulysses")です。

f:id:ainichi:20171025204002j:image

黒から青になる様が美しく表現されています。

ボディカラーだけではなくヘッドまで同様のカラーで統一されています。

f:id:ainichi:20171025200930p:image

杢目の導管と相まって、今にも羽ばたきそうです!

f:id:ainichi:20171025200841p:image

ここまで読んでいただいて、私のこのギターに対する思いや魅力が伝わると良いのですが…私自身まだまだ語り尽くせません。現物は細部に渡って手の込んだ造りなので、じっくり紹介したいと思ってます。長くなりそうなので次回に持ち越しさせてください(汗)