ビジネス向け電子辞書「カシオのエクスワード XD-K8500」を購入しました

こんにちは。スタッフTです。

先日、社内にビジネス向けの電子辞書「カシオのエクスワード XD-K8500」が届きました。

この電子辞書です。

f:id:ainichi:20150527163834j:plain

f:id:ainichi:20150527163839j:plain

この一つの電子辞書で、国語系の辞書が12冊、英語系の辞書が14冊、その他さまざまな書籍が収録されています。

音声読み上げ機能あり、複数辞書検索ができ、タッチパネルになっているので、読み方の分からない漢字を調べることもできます。

なぜ、電子辞書が必要なのか

「なぜ、インターネットで簡単に調べることができるのに電子辞書が必要なの?」と思う方もいるかもしれませんが、インターネットと電子辞書の役割は別物だと思います。

インターネットで単語を調べれば、色々な情報が出てくるかもしれませんが、色々な情報があるが故に、何が正しいのか分からなくなります。

 

「信頼できる情報源かそうでないか」の見極めが難しいのです。

その結果、この情報は怪しいから他も調べてみよう、ということをしなければなりません。特に、会社のWebサイトには、間違った情報は載せてはいけないので、調べるのに時間がかかります。

 

インターネット上の辞書で言うと、朝日新聞社が主体となってまとめている「コトバンク」は信頼できますが、コトバンクでは見つからない単語もあります。

 

そんなとき、信頼できる情報が表示される電子辞書があれば、時間短縮につながります。