2018年~額田盆踊り大会~

大阪本社の和田です。

 

 

今年はホント異常な暑さで体調管理等大変ですがこの猛暑の中、地元で盆踊り大会を開催致しました!!!

 

 

 

先週末の8月3・4日と2日間行いました~^_^

f:id:ainichi:20180807081726j:plain

 

 

盆踊りの主催は、地域の皆様に支えながら青年団のみで運営してます!

f:id:ainichi:20180807081453j:plain

f:id:ainichi:20180807081702j:plain

 

 

弊社も微力ながらご協力(笑)

f:id:ainichi:20180807083752j:plain

 

 

 

日が暮れるに連れて、沢山の方に来場頂き大賑わいでした(^^)

f:id:ainichi:20180807174315j:plain

f:id:ainichi:20180807174402j:plain

f:id:ainichi:20180807174424j:plain

 

 

 

チビ達も毎年参加してます(^^)

f:id:ainichi:20180807174535j:plain

 

 

年上の彼女さんとも楽しんでいました(*´∀`*)

f:id:ainichi:20180807174546j:plain

f:id:ainichi:20180807174652j:plain

 

 

誰に似たのかわかりませんが彼女が沢山いてる模様で、幼稚園の彼女さんとも楽しんでました(^^)汗

f:id:ainichi:20180807174913j:plain

 

 

夏はイベント事が沢山あるので、この暑い夏を楽しみながら乗り切りましょう~(^o^)

 

 

 

The Beatlesといえば・・・Casinoでしょ!

音楽とギター、大相撲に野球をこよなく愛するアイニチ株式会社大阪本社奥野です。

 

8月に入り、うだるようなの暑さに身体も気持ちもバテバテです(苦笑)

しっかり水分補給!しっかり睡眠!しっかり栄養補給!で乗り切りたいと思います!

 

さて、ギターばっかりで恐縮ですが(大汗)今回は手持ちのギターを「安く」で「いいモノ」にプチ改造したのでご紹介いたします!!

 

今回の改造の素材は・・・皆さん一度は映像を観たり、曲を聴いたことのある「The Beatles」のジョン、ポール、ジョージが使っていたことで有名な「Epiphone  Casino/E-230」の製作され始めた初年度1961年のレプリカ(リイシュー)、Epiphone 50th Anniversary "1961" Casino TDです!

f:id:ainichi:20180802200146j:plain

「Casino」が発売になって50周年を記念した2011年製の1961本限定モデル。マニアックな仕様です(笑)

 

私が入手した時点でピックアップ(マイク)や電気系統はオリジナルのものがしっかり残ってましたがパーツが追加、交換されたりしてました。今回は中でもルックス・精度ともに一番気になっていたペグ(糸巻)を交換しました。

f:id:ainichi:20180802202736j:plain

交換前。おそらく全てGOTOH製ものですが細かいところを見ると「寄せ集め」でした(汗)

 

某!オークションサイトで「ルックスがオリジナルに近くかつ精度の高い」パーツを入手して自分で交換します。楽器屋さんで交換するよりも1/2~1/3の費用で抑えられ、DIYのワクワク感も味わえます♪・・・失敗するかもしれないドキドキ感も同時に味わえます!

f:id:ainichi:20180802202048j:plain

今回のパーツ。日本が誇る「GOTOH」社製「SD-90-MG-T」その名もマグナム・ロック!

 

メーカーサイトで図面を見て、実機をノギスで採寸し穴位置の加工がないことを確認していましたのであとは交換するだけ♪

f:id:ainichi:20180802202911j:plain

嬉しいことにあらゆるところにヴィンテージライクなマイナスネジを使ってます。木工はイマイt・・・(ry

 

今回は木工穴回りの金属部分(ブッシュ)はサイズもピッタリでそのまま流用できたのでペグ(糸巻)本体だけの交換で済みました。

f:id:ainichi:20180802203611j:plain

f:id:ainichi:20180802203633j:plain

チューニングの狂いも最小限で弦交換もラクラクの優れもの♪

 

裏のネジで弦を締め付け固定させるのでグルグルとポスト(支柱)に巻き付ける必要がなく弦交換をスピーディに行え、下の写真のようにKEN YOKOYAMA長渕剛のように弦を「びょーーーん」と残しておくことも可能ですがそこは狙ってないですし、撮影後、危ないので丁寧に切りました。

f:id:ainichi:20180802204700j:plain

ほんと危ないので丁寧に切りましょう!

 

ついでに、弦交換はもちろん、指板にオイルを塗ったり、クリーニングして完了!

 

過去にこの改造は実施したことがありましたが、総じてパーツ重量はトントン。今回はボタン(白い部分)がプラスチック製のチープなモノで・・・もとい!思ったより軽量なモノで本体とヘッド部分の重量バランスもよくなる結果となりました。

使い手によりますがパーツの交換は一歩間違えれば悪い方向に音が変わったり、弾きにくくなる、バランスが崩れたりと「改良」ならぬ「改悪」になるので注意したいものです。

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観てきました!

こんにちは、アイニチの柳です。

 

先日、天神祭奉納花火がありました。なかなかタイミングが合わず見れなかったのですが、今年はどこかの花火大会に行きたいと思っています。

 

・・・・・・

 

さて先日、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観てきました。
日本では7月13日に公開されたので、テレビでCMを見た方もいるかもしれません。

 

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観てきました!


私は昔から「ジュラシック・パーク」シリーズが好きで、今のところ全作品を観ています。


新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」がどうだったかという前に、「ジュラシック・パーク」って何なの?という方に、少しおさらいをしたいと思います。

 

ジュラシック・パーク」って?

 

ジュラシック・パーク」は、マイケル・クライトン原作の小説です。


シリーズ第1作が、1993年にスティーブン・スピルバーグ監督のもと映画化され、全世界興行収入9億1469万ドルの大ヒットを記録しました。

 

ストーリーをざっくり言うと、イスラ・ヌブラルという島に作られた、オープン前の恐竜テーマパークに招待された博士たちが、パーク研究者の裏切りにより脱走した恐竜たちから逃げるというお話です。

 

恐竜の造形は、当時は幼かった自分でも脳裏に焼きついているほどリアルで、自身がパークにいるような臨場感があったことを覚えています。

 

その後、1997年にシリーズ第2作目「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」、2001年に第3作目「ジュラシック・パーク3」が公開されました。

 

そして、実に14年ぶりの2015年に公開された「ジュラシック・ワールド」は、近年の作品なので、もしかしたら覚えている方もいるかもしれません。

 

この作品は製作が何度も延期になり、もう公開されることはないんじゃないかと思うくらい長い時間を経ましたが、その内容は新たな恐竜が出てくるなど、待った甲斐のある充実したものでした。

 

今回、公開された「ジュラシック・ワールド/炎の王国」は、「ジュラシック・ワールド」の続編に当たるシリーズ5作目です。

 

どんな恐竜が出てくるの?

 

今度は、「ジュラシック・パーク」シリーズに出てくる恐竜の一部をご紹介します。実際の写真は使えないのでイラストで説明します。

 

ティラノサウルス(T-レックス) 

 

ティラノサウルス(T-レックス)

 

全シリーズに登場するのはやっぱりこの恐竜、ティラノサウルス

全長12m、体重4〜7t、肉食恐竜で、作中でも多くの人間が被害に遭います。実際には白亜紀後期の7000万~6600万年前に生息されたといわれています。

 

ヴェロキラプトル

 

ヴェラキラプトル

 

シリーズには欠かせない存在のラプトル。「ジュラシック・ワールド」ではブルーが味方となりましたが、初期作品からはとても考えられません。

全長1.5m〜2m、体重約16kg(共に作中は不明)、小型の肉食恐竜で動きも俊敏です。実際には白亜紀後期の7000万~6500万に生息したという説があります。

 

トリケラトプス

 

トリケラトプス

 

草食恐竜のなかでも知名度が高いトリケラトプス。最新作でも勇敢な姿を見せていました。

全長約9m、体重7t、3本の大きなツノと張り出した頭部が特徴です。生きた時代は白亜期後期の7000万~6600万年前。

 

ジュラシック・ワールド/炎の王国」はどうだった?

 

あらすじ:前作「ジュラシック・ワールド」の舞台となったイスラ・ヌブラル島に、再び向かうことになったオーウェンとクレア。恐竜を救うことはできるのか。

 

観た感想を一言で言うと、とても良かったです!あまり書いてしまうとネタバレになるので、ざっくりと感想だけ。

 

まず映像でいうと、大量の溶岩が流れこんでくるシーンがあるのですが、とてもリアルに作られていました。火山の噴火が本物の活火山のようで、人間と恐竜の慌てふためく姿からひしひしと危機感が伝わってきました。

 

またストーリーは、シリーズを通してテーマとなっている「遺伝子操作」が今作も活きてきます。今回は恐竜以外にも触れ、それがエンディングまで繋がってきます。身近なテーマなだけに考えさせられることが多くありました。

 

それ以外にも見所はたくさんありましたが、ここは百聞は一見にしかず。詳しくは映画館でぜひ観てみてください。

 

・・・・・・

 

先日、父と話をする機会があったのですが、私と同じく公開後すぐに今作を観たそうです。恐竜ファンは親譲りかもしれません。

 

また、福井県には福井県立恐竜博物館という施設があるそうなので、是非行ってみたいと思います。

 

www.dinosaur.pref.fukui.jp

夏の風物詩!花火

アイニチ株式会社

 

大阪本社「元」ルーキーの小山です

                  ↑悲しい_φ(・_・

 

7月25日 天神祭にいってきました(^^)/

花火開始時間が19時30分からなので

会社終わりにも行ける時間帯!!

 

レッツ天神祭!!

19時20分着の電車がなんと20分遅延(`・∀・´)

友達との集合時間は19時30分!

や!やばい( ̄  ̄)

めっちゃ怒られる〜〜_φ(・_・

と思っていたら友達も遅延でした!セーフ☻

 

駅に着くと人がいっぱい!

歩く事さえ困難な状況(・_・

人を掻き分けなんとか友達と合流(・Д・)ノ

 

 

 

f:id:ainichi:20180730143230j:image

f:id:ainichi:20180730143240j:image

花火の写真アップ〜〜〜!

んー写真を撮ることを忘れて見てしまった( ̄  ̄)

現場では音も花火も堪能でき、良い一日でした☻

平成最後の夏~初キャンプ~

大阪本社の和田です。

 

 

今年の夏は40℃を超える日が続き、異常な暑さですね(*_*)

 

そんな中、先週末に家族で一泊二日の夏キャンプに行って参りました(^^)

 

場所は滋賀県にあるグリーンパーク山東へ…

https://greenpark-santo.com/

 

 

ここのキャンプ場の特徴として、チェックインが早くチェックアウトが遅いという事で選びました!

AM8:30からキャンプ場に入れる所は、なかなか無いので一日フルに遊べます^_^

 

 

到着して早速、汗だくになりながらテント初張り!!!

 

2018年モデルの タフスクリーン 2ルームハウス +

f:id:ainichi:20180727083210j:plain

f:id:ainichi:20180727083235j:plain

 

フリーサイトを選んだので、どこでも自由に設置できるて事で木陰をチョイス(^^)

 

 

そこから息子と昼食作り!

キャンプの醍醐味として、子供が積極的に手伝ってくれます(*´∀`*)

f:id:ainichi:20180727084208j:plain

 

外で食べるご飯は何故か美味しく感じるのも、アウトドアの良さですね^_^

f:id:ainichi:20180727084305j:plain

 

 

近くに小さな川もあるので、娘もご満悦^_^

 

f:id:ainichi:20180727084701j:plain

 

息子はのんびりと…

f:id:ainichi:20180727084922j:plain

 

夜は花火もして、あっという間に一日が過ぎました…

f:id:ainichi:20180727085028j:plain

 

 

翌朝は遊び疲れたのか、なかなか起きない子供たち(*_*)

f:id:ainichi:20180727085139j:plain

f:id:ainichi:20180727085258j:plain

 

 

寝ぼけながらの朝食でしたが完食してました(*´∀`*)

f:id:ainichi:20180727085330j:plain

 

子供たちには色々な事を体験して、成長して行って欲しいなと思います。

 

 

次回はのんびりと二泊三日にもチャレンジしたいですね(*^^*)

 

 

 

日本の夏、祭りの夏、金鳥の夏

We become indebted to.
Ainichi Osaka Headquarters staff It is Onishi.
I participated in the summer festival of Kumata shrine as summer of Japan, summer festival.

 

"Worship road"

f:id:ainichi:20180713100318j:plain

 

Lanterns of each district are decorated.

f:id:ainichi:20180713100331j:plain

 

It is the festival flower form "Dan-Jiri".
People on the roof take command of the drawing person.

f:id:ainichi:20180713100440j:plain

f:id:ainichi:20180713100415j:plain

 

 

Photos from the front of Kumata shrine

f:id:ainichi:20180713100506j:plain

 

"Torii"
Torii is the role of the gate of the barrier which separates the world where God lives and the world where human beings live.

f:id:ainichi:20180713100342j:plain

 

 

On the other side of the torii is a "Yomise" where children can enjoy children with plenty of eating places and table games

f:id:ainichi:20180713100404j:plain

 

Because Japanese people feel cool in a muggy summer, they overcome the summer by appreciating various things and God.

f:id:ainichi:20180713100353j:plain

 

 

However, I can see such regrettable scenery.
There is a back in the table, and there is a table on the back.
It may be an important thing that we should not forget that our world is "coextensive".

f:id:ainichi:20180713100454j:plain

 

It is a sentence using google translation from the beginning to the end.
We will not accept any complaints.

 

thanks

 

 

茅の輪くぐり

大阪本社 小林です。

 

 

 

先日、近くの神社に寄ってきました。

七夕の時期でもあり普段見慣れないものが置かれていました。

 

f:id:ainichi:20180709075849j:plain

???

調べると、茅の輪というものらしく

今回のタイトルにつながります。

 

「茅(ちがや)を束ねて大きな輪としたもの。正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの大祓(おおはらえ)に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています」

sk-imedia.com

こちらのサイトに詳しく紹介されていました。

 

 

 

f:id:ainichi:20180709080304j:plain

茅の輪の横に説明文もついていました。

 

 

f:id:ainichi:20180709080413j:plain

茅の輪のくぐり方

 

 

f:id:ainichi:20180709080542j:plain

この古歌を唱えてくぐります。

 

神社の人から伺った話や調べてみて、超要約すると

6月、7月のこの時期に半年の厄を払い、残りの半年を新たな気持ちで迎える

といった意味合いになるようです。

 

由来に関しては諸説ありますし、作法は地域差、場所によって違いがあります。

お伺いする地域で茅の輪に関して尋ねてみたくなりました。

 

 

f:id:ainichi:20180709081130j:plain

茅の輪くぐりと共に、笹の葉と短冊も置かれていました。

 

 

f:id:ainichi:20180709081436j:plain

早いもので2018年も半年が過ぎました。

気持ち新たに活動していきます!!